2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

月刊ハウジング8月号掲載と無添加住宅デザインアワー受賞。


以前ブログで、ご案内いたしました、
木津川市のT様邸が掲載された月刊ハウジング8月号が先日発売されました。

4776_001.jpg


今回の雑誌のテーマは「こどもの素質を伸ばす間取り」。

4777_001.jpg

こちらのお宅は、引渡し前に二人目のお子様がお生まれになられて
自然素材に囲まれた無添加住宅と共にのびのびと成長してくれるのを
楽しみにしています。

4777_002.jpg

ところで、前回のブログの後に、毎年恒例の全国の代理店が一同に集まり
開催される無添加住宅代理店総会がございました。

そこで、なんと、こちらのT様宅が2017年度無添加住宅デザインアワーの
コンシェルジュ賞を受賞いたしました。
\(^o^)/


IMG_2255.jpg


そこで、今回なんきホームズとT様のご夫婦と共に作り上げた、
ハウジングに掲載されたカフェ風のインテリアが素敵な
自慢のT様邸のOB宅訪問会を7月か8月に実施することになりました。

又、詳細が決まりましたらホームページで告知致しますので
無添加住宅にご興味がある方々やインテリアの
参考にしたい等、手作り感満載のT様宅へ是非、
ご参加下さい。

お待ちしております。

ちなみに、こちらのT様も新築計画のご検討中に
弊社の人気イベントOB様宅訪問を5回以上ご参加頂きました。

その辺も是非、お聞き頂き。家づくりのご参考にして下さい。

スポンサーサイト
[ 2017/06/26 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

F様邸の中間検査完了

本日、大阪帝塚山 F様邸の中間検査に現場へ行ってきました。

RIMG0002_20170618103644df0.jpg

F様ご家族と お打合せを重ねた 重量鉄骨 3 階建 プラス 屋上スカイヤード

RIMG0007.jpg

住宅の要となる 基礎と柱です。

RIMG0022.jpg

しっかり組み上げられた 階段部分の手前には
ホームエレベーター設置の為のスペースも出来ておりました。

RIMG0025.jpg

こちらは 階段を上がった 2 階部分

RIMG0040.jpg

屋上まで上がってみると 完成が楽しみになる スカイブルーの空と そよ風が気持ちよかったです。







[ 2017/06/18 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

月間ハウジングの取材をさせて頂きました。

本日、ちょうど1年前にご入居頂いた木津川市のT様邸の
月間ハウジングの取材をさせて頂きました。

IMG_2129.jpg

お引渡しの少し前にお生まれになられたY君も1歳になり
大きくなりました。

お姉ちゃんになったAちゃんも今日はモデルさんとして
撮影に参加してくれましたが、少し恥ずかしかった様で・・・。


IMG_2142.jpg

それでも、プロのカメラマンさんに優しい言葉をかけてもらい
カメラのシャッターを押すアシスタントもさせてもらいながら
プロのコミュニケーションテクニックで徐々にその気に・・・。

IMG_2141.jpg

最後は上機嫌になり、なかなかいい表情を見せてくれました。
Aちゃん有難う!

IMG_2130.jpg


今回の取材は6月21日発売予定の月刊ハウジング8月号です。
スタッフ一同今からとても楽しみにしています。

T様いつもご協力ありがとうございます。

[ 2017/04/22 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

SH様邸 上棟直後の現場

本日は上棟直後SH様邸へ来ております。

SH様邸01

写真中央の黄色の部材は制震ダンパーという部材で、
今回 SH様のご要望により 採用させて頂いたものです。

SH様邸02

その働きは 免震という働きと 耐震という働きを兼ね備え
地震エネルギーの吸収力が、通常の筋交いと比べて
かなり高い事が 証明されている建材です。 

SH様邸04

その制震ダンパーをバランスよく1階と2階に取り付けています。

SH様邸05

くわしくはメーカーのHP実験動画をご覧いただきましたら、その構造がよくわかります。

http://www.ibrain.jp/m-dam/m-dam_movie.html

完成すれば壁の中に隠れてしまいますので、壁でおおう前に
しっかりと SH様に その存在を確認して頂きます。

その確認作業が 地震時に より大きな安心につながる事になるからです。
[ 2017/04/03 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

SH様邸 土台敷き

SH様邸の現場も順調に進んでおります。

昨日、土台敷きも完了。

IMG_1982.jpg

大引は、鋼製束で支えます。
IMG_1984.jpg

土台は、もちろん、シロアリの食害に強い木材「芯材」ひのきの4寸ですが
その他に弊社では、安全性、持続性のあるホウ酸塩を主原料とする木材保存剤「ティンボア」と
自然素材の防腐・防カビ効果のある柿渋を土台廻りと構造材1Mまで塗布します。

IMG_1980.jpg

IMG_1981.jpg

来週からいよいよ上棟です。
[ 2017/03/25 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

豊中市 SH様邸 基礎工事

本日は 基礎立ち上がり部分の作業確認で
豊中市 SH様邸 基礎工事現場へ来ております。



上の写真中央に見える白いラインが、基礎断熱材です。
SH様邸の基礎外周全てに 切れ目なく施工されている事を確認。

sh02.jpg

あとは、立ち上がり内部の縦鉄筋に
規定どおりの かぶり厚が確保されているかを確認。

sh03.jpg

アンカーボルトなど金具類の傾き不良がないかをチェック。

sh04.jpg

そして 立ち上がり部 内部への生コンの流し込みです。
ポンプ車およびミキサー車の準備が整い

sh05.jpg

生コンの流し込み作業が始まります。

基礎職人さんが リモコン操作で
ポンプ車のアームとホースを
生コンを流し込む場所へ操作しながら 充填していきます。

その後を もう一人の職人さんが バイブレーターという機械を使い
生コンの中に含まれる遊離水や空気を外に出し、生コンを締固めます。

sh06.jpg

生コン流し込み部の天端を コテで整えながら
この作業を 基礎の立ち上がり部 全体に施します。

sh07.jpg

養生期間を置いた後、型枠を外せば 基礎完成です。




[ 2017/03/19 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

SH様邸 配筋検査合格です。



豊中市で建設中のSH様邸 本日 配筋検査で現場に来ています。

SH様邸01

予想はしてましたが こーして見渡すと やっぱりその大きさが目立ちます。
この大きな面積に 図面通りに狂いもなく鉄筋を組み上げる

さすがは、職人のなせる技ですね。

SH様邸03

隅部の深基礎部分バッチリです。
立ち上がり部分には
防蟻処理を施した基礎断熱材も入っています。

SH様邸02

配筋のピッチ(間隔)や鉄筋の厚み、
基礎が出来上がると見えなくなる部分なので
しっかり検査してもらって 無事 合格となりました。
[ 2017/03/11 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

SH様邸 現場遣り方です。

今日は 豊中市で着工のSH様邸現場へ来ております。
現場では家づくりの最初に行う 非常に大切な作業 「遣り方」 が終わったところです。

midorigaoka03.jpg

お施主様と お打合せを重ねて来た大切な想い
設計図から現場へ移す とても大切な作業なんです。

midorigaoka02.jpg

水杭(みずくい)・水貫(みずぬき)

midorigaoka01.jpg

水糸(みずいと)と完全な直角出ています。
それでは、SH様のドリームハウス工事の始まりです。



[ 2017/02/28 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

模型が出来あがりました。

2月中旬から豊中で着工のSH様邸の模型が出来上がりました。

1

今回の建物はペントハウスのある屋上ベランダが広いお宅です。

2

模型では各階の間取りもわかる様になっており
屋根を外すと1・2・PH階の間仕切りも細かく作れて
窓やドアの位置関係や空間構成が誰が見ても細かいところまで
理解することができる優れものアイテムです。



人と同じ目線から望むとボリューム感がイメージし易いですね。

4
5


今回はファサードゲートで大型ガレージと門柱を一体型したクローズ外構。
全面天然石貼りでかなり重厚な仕上りと豪華さを演出してくれています。

今から楽しみです。


6.jpg


なんきホームズの家づくりは、完全オーダーの注文住宅!  ⇒ 施工例はこちら

1件1件間取りも外観も違うオンリーワンの住まいです。

注文住宅にこだわったなんきホームズでは細かいところまでイメージ
出来る様に、着工前に全邸模型作製しております。

大阪・奈良・京都でオンリーワンの住まいをお考えの方は
是非、こちらまで
[ 2017/02/05 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

帝塚山で間もなく着工です。

寒い日が続いていますが,今日は 間もなく着工予定の
帝塚山 F様邸建設予定地の高低測量へ赴く日です。
阿倍野区帝塚山01

機材を積み込んで
阿倍野区帝塚山02

無事 現地で測量を終えました。
阿倍野区帝塚山04


[ 2017/01/26 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)