FC2ブログ
2019 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 08

高槻市T様邸 完成です!

ブログ上いきなりですが 高槻市のT様邸が完成しました。
(さぼってしまって ごめんなさい)

001_2019063014140748b.jpg

外構工事はまだですが、建物のほうは完成です。
お施主さまに 快くご承諾いただきましたので 一部をご紹介です。

002_20190630141407a54.jpg
広々とした 玄関は
土間に 天然石タイル、壁は漆喰、ホールは天然無垢板の床です。
向かい正面には ニッチ(飾り棚)を配置。

003_201906301414093fb.jpg
土間とホールからの2WAY利用ができるシューズクロークです。
出入口上部の R 加工がいい感じです。

004_20190630141411e35.jpg
玄関ホールから キッチンに続くホールの中間位置に洗面化粧台を配置しました。
キッチンから直ぐのつながりがベリ~グッド。

005_20190630141412310.jpg
こちらは収納庫です。
リビング階段のウラのスペースを利用しています。

シューズクロークとの位置関係で、使い勝手がいいんです。
もちろん照明もありますし、長手物の収納も可能となっております。
床下点検口も配置されてますよ。

006_20190630141414abb.jpg
玄関ホールとリビングに接する和室は、
障子あり、竹あじろの建具ありと
和を心地良さを存分に感じてもらえます。

007_2019063014141553e.jpg
こちらはリビングの一部です。
やっぱり天井が高いのはイイですね!
お庭とのつながりで 一層の広々感が感じられます。

008_20190630141417bd3.jpg
小上がりになったダイニング。
ちょっと めずらしいでしょ。

座卓使用で めちゃめちゃ くつろげそうですな。
夏は そうめん、
冬は 鍋・・・ あぁ~ うらやましい。

009_2019063014141860c.jpg
ご覧通り 無添加キッチンです。
そうです、大理石の天板で おそば もパスタ も打てますよ。
奥には パントリー(食品庫)も配置いたしております。

010_20190630141420a80.jpg
まだまだ 見どころ沢山の 高槻市T様邸
現地見学会も予定しておりますので
ご期待ください。

スポンサーサイト
[ 2019/06/30 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

高槻市 T様邸進行状況 Part6

今回も高槻市 T様邸へやってきております。
前回ブログでも紹介しました 和名「屋根材荷揚げ機」の働きぶりをお伝えします。

T様邸の屋根材は 「天然石」で写真のコレです。
001_20190422114841b72.jpg
一辺の長さが60㎝あり、日本瓦と比べると軽いとはいえ 結構な重量です。
この石屋根材を抱えて 1枚1枚ハシゴで荷揚げするとなると

途方もない 気のとお~く なるような話しになるのですが
002_20190422114843881.jpg
このように 荷揚げ機に 6枚程 石屋根を積み スイッチを押すだけで

003_2019042211484460f.jpg
一気に目的地へ

004_20190422114846fbf.jpg
屋根上に上がった石屋根材を バランスよく配置していけば
職人さんが手際よく仕上げていきます。

005_20190422114840c45.jpg
石屋根材1枚1枚の色や模様の違いを、確かめながら進める苦労が
この石屋根材の持ち味の一つとなっていますが

その作業時間を 和名 「屋根材荷揚げ機」 が つくりだして くれています。
荷揚げ機くん ありがとう。
[ 2019/04/22 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

高槻市 T様邸進行状況 Part5

本日は 高槻市 T様邸の工事進行状況の確認にやってきました。
001_20190414164853664.jpg

地上から2階の屋根上までハシゴのようなものが架かっていますが
これは 和名「屋根材荷揚げ機」と言いまして

その名の通り 屋根瓦を屋根に運ぶ機械です。
T様邸の屋根は 天然石の石葺き屋根となりますので

この機械で上げる材料は 当然 天然石となります。

次回以降のブログでも そのあたりの様子をお届けする予定にしてますが
今回は 屋内の工事進み具合からお届けします。

002_201904141648546fb.jpg

2階の廊下部分
正面には バルコニーに通じる扉
床はすでにフロアー材が貼られ、しっかりと養生されております。

003_20190414164856cfa.jpg

陽光が差し込む お部屋のほうも 違う木種の床材が貼り終えらえて キズがつかないように
大事に養生されております。

壁のほうは もう少しで下地材(ベージュ色した部分)が貼り終えるところまで進んでおります。


004_2019041416485022e.jpg
↑こちらは ウォークイン クローゼットの出入口

005_2019041416485164f.jpg

中は いつでも漆喰の塗り仕上げが始められる状況となっておりました。

着々と工事が進んでいる事を確認し、T様邸を後にしました。
では また次回です。



[ 2019/04/14 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

高槻市 T様邸進行状況 Part4

本日は 高槻市 T様邸の工事進行状況の確認にやってきました。

001_201903311714301b6.jpg
天気が良く 陽当たり状況の確認も行います。

002_20190331171432d60.jpg
1階のカウンターキッチンになる場所で
まわりこむ やさしい陽ざしだけで この明るさです。

これから造作キッチンが備え付けられますので
とても楽しみです。
003_20190331171433832.jpg
同じ場所の別アングルです。
奥にはアーチ形の出入口となる パントリー(食品庫)がつくられます。

004_201903311714342de.jpg
2階の勾配屋根を含む 部屋うち部分です。 

前回ブログでお伝えしました外壁断熱(炭化コルク)と、
この内壁断熱材(パーフェクトバリア)で 省エネの家をお届けします。

005_20190331171436c6c.jpg
この部分は、1階の天井ウラと 2階の床下の間です。
おうちが完成すると、おおわれて見れなくなる部分です。

2階の床を支える梁下に スッキリと電気配線が収められている事が確認できます。

では、本日はこのへんで
高槻市のT様邸 工事進捗でした。
[ 2019/03/31 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

高槻市 T様邸進行状況 Part3

前回に続き 高槻市のT様邸に行ってきました。

001_20190324103917715.jpg
現場は丁度 炭にしたコルク材で家全体を覆う 断熱工事をしているところです。

002_20190324103918b75.jpg
当然ですが、壁一面 すき間なくコルク材でおおい尽くします。

003_20190324103911fd9.jpg
むずかしいのは窓周りの作業で、 
窓枠や窓下にある 水切り材の形に切り込みをいれ取付けるる作業。
きっちり すき間なくを確認。

004_201903241039137dd.jpg
掃出し窓の下も確認。
結構 取付に伴う作業姿勢がしんどい所ですが、キレイに施工されてます。

005_20190324103914e38.jpg
入り角に配置された窓周りは、大工さんの腕の見せ所
こちらも すき間なく取付されている事を確認。

006_20190324103916788.jpg
予定どおり 着々と進んでおります。
では、このへんで
[ 2019/03/24 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

高槻市 T様邸進行状況 Part2

先週もお伝えしました 現在 建築中のT様邸へ行ってきました。

001_2019030711212989e.jpg

丁度 棟上げの最中で、クレーン車と大工さんたちが
息を合わせて T様邸の材木を組んでおります。

006_20190307112137468.jpg

003_20190307112132ee6.jpg

ご覧のように 土台下に敷かれた 御影石の基礎パッキン
何百年と歴史を刻み続ける 神社・仏閣の本殿でも 採用されています。

耐久性の心配はいりません。
もちろん土台も 桧の芯持ち 無垢材で 柿渋&ティンボア塗布仕上げです。

005_20190307112135d8a.jpg

これから組み上げられる T様邸の梁です。(梁せい360)
断面の年輪の大きさから 相当年数育った木であることが伺えます。
側面の木目も いい感じです。

004_201903071121345d4.jpg

この存在感のある梁を楽しんで頂けるように、設計プランニングにおいて
 ご家族が集うリビング・ダイニングに 表しで配置するようにしております。

007_20190307112138d66.jpg

二日間に渡って行った T様邸の上棟後です。
これからの進捗状況も 都度 ご紹介していきますので
ご期待ください。

[ 2019/03/07 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

高槻市 T様邸進行状況

現在 建築中のT様邸へ行ってきました。

001_20190225100637ff1.jpg
↓↓ 11日前の基礎骨組み状況が こんな感じ
007.jpg
●あたり前ですが 見事な出来栄えに 「満足!」


002_20190225100638389.jpg
↓↓ 11日前の基礎骨組み状況が こんな感じ
008_20190225100646cba.jpg
●しっかりと組み込まれた鉄筋の骨組みに、すき間なく流し込まれた
 基礎コンクリートです。


005_20190225100642351.jpg
↓↓ 11日前の基礎骨組み状況が こんな感じ
011_20190225100651ca4.jpg
●「見事でしょ」
 さぁ 次の工程は、神社・仏閣建築で採用される 
 御影石の基礎パッキンを敷き詰めて その上に
 土台敷きとなります。ご期待ください。

[ 2019/02/25 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

樋隠しを長持ちさせるひと工夫。


茨木市で建築中の無添加住宅が間もなく完成です。

今回の建物はメンテナンスが掛からない様にする為の色々な工夫をしております。

例えば、無添加住宅の大きな特徴である石屋根の樋隠しですが
杉の無垢材の耐久性を維持するために5~10年に一度
塗り替えをおススメしておりますが・・・。

塗り替えしない場合は、こんな風に劣化する場合がございます。

RIMG0001_20181201165144f83.jpg


そこで今回は、樋隠しの小口の部分と石屋根落下防止メッシュの代わりに
ガルバ板金で小口笠木と落下防止の部分を一体型で作成いたしました。

これで、小口からの腐りが遅くなり、塗り替えの期間を延ばすことが出来ると思います。

RIMG0012.jpg


RIMG0011_201812011653309ce.jpg


長持ちする家の無添加住宅を更に進化させ、長持ちさせる為の独自アイデアで
お施主様のご要望にお応えした、なんきホームズのそのひと工夫をご紹介しました。


[ 2018/12/02 ] 現場レポート | TB(0) | CM(0)

高槻市南平台T様邸の模型が出来ました。


12月から着工致します、高槻市南平台のT様邸の模型が出来上がりました。

写真 2018-12-01 10 56 02

写真 2018-12-01 10 58 03
写真 2018-12-01 10 56 47

写真 2018-12-01 10 54 26


5月の完成時には2ヶ月間、お客様のご厚意により
見学会を予定しております。

各工程毎の見学をご希望の方は、ご連絡お待ちしております。

メールアドレス:info@mutenka-house.net
フリーダイヤル:0120-012-379
[ 2018/12/01 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

茨木市で無添加住宅の工事が始まりました。

茨木市で無添加住宅の新築の工事が始まりました。

このエリアも6月18日の大阪府北部地震でかなり揺れがあった場所で
周辺の古い瓦屋根の建物は被害の影響かブルーシートが掛かっているお宅もございます。

今回の建物は地盤もしっかりと補強し

RIMG0011.jpg

地盤20年保証もついております。

1021_002.jpg

ベタ基礎もしっかり丁寧に

RIMG0004_20180807163355cd1.jpg

RIMG0003_20180807163354fe5.jpg

RIMG0008.jpg

もうすぐ、基礎完成です。
[ 2018/08/07 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)