2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SH様邸 土台敷き

SH様邸の現場も順調に進んでおります。

昨日、土台敷きも完了。

IMG_1982.jpg

大引は、鋼製束で支えます。
IMG_1984.jpg

土台は、もちろん、シロアリの食害に強い木材「芯材」ひのきの4寸ですが
その他に弊社では、安全性、持続性のあるホウ酸塩を主原料とする木材保存剤「ティンボア」と
自然素材の防腐・防カビ効果のある柿渋を土台廻りと構造材1Mまで塗布します。

IMG_1980.jpg

IMG_1981.jpg

来週からいよいよ上棟です。
スポンサーサイト
[ 2017/03/25 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

豊中市 SH様邸 基礎工事

本日は 基礎立ち上がり部分の作業確認で
豊中市 SH様邸 基礎工事現場へ来ております。



上の写真中央に見える白いラインが、基礎断熱材です。
SH様邸の基礎外周全てに 切れ目なく施工されている事を確認。

sh02.jpg

あとは、立ち上がり内部の縦鉄筋に
規定どおりの かぶり厚が確保されているかを確認。

sh03.jpg

アンカーボルトなど金具類の傾き不良がないかをチェック。

sh04.jpg

そして 立ち上がり部 内部への生コンの流し込みです。
ポンプ車およびミキサー車の準備が整い

sh05.jpg

生コンの流し込み作業が始まります。

基礎職人さんが リモコン操作で
ポンプ車のアームとホースを
生コンを流し込む場所へ操作しながら 充填していきます。

その後を もう一人の職人さんが バイブレーターという機械を使い
生コンの中に含まれる遊離水や空気を外に出し、生コンを締固めます。

sh06.jpg

生コン流し込み部の天端を コテで整えながら
この作業を 基礎の立ち上がり部 全体に施します。

sh07.jpg

養生期間を置いた後、型枠を外せば 基礎完成です。




[ 2017/03/19 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

SH様邸 配筋検査合格です。



豊中市で建設中のSH様邸 本日 配筋検査で現場に来ています。

SH様邸01

予想はしてましたが こーして見渡すと やっぱりその大きさが目立ちます。
この大きな面積に 図面通りに狂いもなく鉄筋を組み上げる

さすがは、職人のなせる技ですね。

SH様邸03

隅部の深基礎部分バッチリです。
立ち上がり部分には
防蟻処理を施した基礎断熱材も入っています。

SH様邸02

配筋のピッチ(間隔)や鉄筋の厚み、
基礎が出来上がると見えなくなる部分なので
しっかり検査してもらって 無事 合格となりました。
[ 2017/03/11 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。