2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コルク&ウールのオリジナル二重断熱!

コルクウールを使ったオリジナルの二重断熱です

木から取れる「コルク」を熱加工した「炭化コルク」、羊の毛を生成した「ウール」。
どちらも安心・安全の無添加素材で、その2つを組み合わせたオリジナルの二重断熱は、健康と環境に配慮した『無添加断熱』です

こちらが羊毛断熱材です

羊毛断熱材01


ウール(羊毛)について・・・


断熱性
羊毛は1本1本の繊維が複雑に絡み合い、その中にたくさんの空気を含み(全体の約60%)、その空気が高い断熱性を生みます。

吸放湿性
羊毛の繊維はスケールと呼ばれる油を含んだうろこ状の表皮に包まれていて、水滴をはじく性質を持っています。
しかし、水蒸気のような細かな成分はスケールの間から入り繊維の中に吸収する性質も持ち、逆にたくさんの水分を含んだ場合は自ら呼吸をして水分を放出するという、高い吸放湿性があります。

免疫機能
羊毛は呼吸するときに取り込んでしまった有害物質を吸着し浄化するので、再び放出することはありません。

難燃性
羊毛は燃えにくいという難燃性を持っているので、航空機の内部や消防服にも使われているほどです。




家づくりでは壁の断熱ばかりよく紹介されていますが、夏の屋根裏の暑さや、冬の床下の底冷えのために実は屋根や床の断熱も大変重要です
私たちの建てるおうちの二重断熱では、壁はもちろん、床や天井もすっぽり覆ってしまいます


羊毛02



スポンサーサイト
[ 2014/12/06 ] 現場レポート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mutenkahokohoko.blog.fc2.com/tb.php/165-280c24bd












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。