2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

1年点検 ~ 宝塚市 F様邸

昨年の春にお引渡しした宝塚市F様邸の1年点検です。

DSCN4065.jpg

GW開けの週末、朝から小雨が降ったりやんだりする生憎のお天気。
先ずは外回りの点検から始めます。

DSCN4061.jpg

雨が本降りになると外壁の漆喰の手直しが出来なくなりますので、手早く進めて行きました。

DSCN4081.jpg

前面道路からF様邸に向かって視線をあげると、真っ先に目に入るオリジナルデザインの面格子。当初のイメージとしては平らなバーをクロスさせたかったとのことでしたが、シンプルな直線美に自然と目線が吸い寄せられます。

DSCN4079.jpg

こちらはお施主様からのご質問にお答えしている真っ最中。

「あの通気口は何ですか?」

ご入居されて生活をしはじめてから、改めてふと気になる…と言うことは比較的よくあります。
私たちとしても、オーナー様の疑問はたとえ小さなものであっても解消したいもの。普段の生活に直接関わりのない些細な疑問でも、気になることは何でも仰っていただけると嬉しいです。

DSCN4074.jpg

オーナー様自ら点検口を覗く一場面も。

F様はとても穏やかにたくさんお話してくださる方で、オリジナリティーを大切にされ、住まいには『面白さ』や『ワクワク感』をお求めになられたそうです。
実は以前、他社で機能性重視のプランをご検討されていたとか。最終的に弊社でお決めくださったその決め手は、間取りプランを見た時の『ときめき感』だと振り返っておられました。

市内を一望できる高台の住宅地に建つF様邸。1FにあるLDKの広さを確保する為、思い切って浴室を2階に配置。それと同時に思い描いた「夜景を見ながら入浴」…と言う優雅なひと時。
なかなか夜景を見ながらとはいかないと笑っておられましたが、洗濯器を置いた脱衣室からバルコニーへと繋がる動線がとても良く、バルコニーで干した洗濯物を取り入れて、すぐ2階ホールのセカンドリビングに家族の衣類を収納。使い勝手は抜群!なのだそうです。ご満足いただけて何よりです。

DSCN4077.jpg

室内の漆喰壁を補修する弊社の左官職人。

DSCN4070.jpg

玄関ホールの正面壁には記念の手形が。一緒に埋め込んだサンゴは一部、お子さんが引っ張って取ってしまったそうです。それも大切な思い出のひとつとして残りますね。

F様、連休明けでお疲れのところ、ありがとうございました。新たにご用命の件につきましては、引き続き、宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mutenkahokohoko.blog.fc2.com/tb.php/201-1b9cc86b