2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

間仕切り立ち合い ~ 箕面市 K様邸

気持ちよく晴れ渡った空に向かって伸びるハシゴ。
明るい未来を感じさせる光景にワクワクしながら、本日、K様邸の間仕切り立ち合いに同行いたしました。

k_20160513 (9)

特に大きな問題もなく工事は順調に進んでいます。
屋根の上では屋根材の敷き詰め作業が行なわれていました。

k_20160513 (15)

断熱材が入れられた内部では、床仕上げが終わり、これから壁と天井のボード張りに進んでいくところ。
間仕切り立ち合いは、このボード張の前のタイミングで行います。

k_20160513 (3)

建物内までK様に入って頂くのは本日が初めてのこと。
K様には、スイッチやコンセント類の位置確認をしていただくとともに、窓やドアなど開口部のスケール感や、そこから眺める景色などもご確認いただきました。
設計計画では、周辺環境との関係にも勿論配慮していますが、お施主様には何より現地で実際にご覧いただくのが一番です。

ご満足いただけたようで、私どもも安心しました。

k_20160513 (7)

余談ですが、現場で必ず見るコレ。大工さん手製の作業台で、コンパネで出来ています。
クロスした足は2枚バラバラになっていて、中央の溝を互いにかみ合わせて自立させる仕組みです。
天板はそのまんまコンパネを乗せたもの。

現場に行く度にコレ欲しいなぁと思うのですが、大工さんによって作り方(段取りや施工)にも違いがあり、この作業台の作り方ひとつで大工の腕が分かる!なんてことも言われているようです。

腕、云々のお話は別として、とても興味深い作業台、いつかブログで特集してみたいと言う欲求に駆られています。
それはそれで、また、楽しみにしていてくださいね。
スポンサーサイト
[ 2016/05/13 ] 現場レポート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mutenkahokohoko.blog.fc2.com/tb.php/288-760f830c