2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

竣工検査 ~ 京都市 Y様邸

この週末は、先日 照明器具をご紹介させて頂きました、京都市Y様邸の社内検査とお施主様の立ち合い検査をさせて頂きました。

DSC_0032.jpg

先ずは社内検査にてチェックした項目をまとめて書き留め是正します。

DSC_0034.jpg

すぐできる簡単な手直しは、その場で処理。
この通り、しっくい塗りの壁は、ちょっとしたメンテナンスであればお施主様ご自身で簡単に行なって頂けます。

DSC_0033.jpg

後日手配の必要な項目以外は即対応させて頂きました。

DSCN7540.jpg

また、日を改めて迎えたお施主様の立ち合い検査。

DSCN7533.jpg

Y様邸は収納力たっぷりの床下収納を2杯備えています。
扉の開閉もしっかりチェックいただきました。

さて、竣工後、初めて訪れたY様邸でしたが、お施主様が叔父様から贈られたステンドグラスの照明器具は、写真で拝見するよりもずっとずっと、更に何倍も素敵で、現地に到着するや否や目に飛び込んできた瞬間、思わず目が釘付けになり感嘆の声を漏らした程でした。

DSCN7451.jpg

明かりが灯ると青みがかった乳白色のセードが白く発色し、お花の部分がより鮮明に映ります。また、ラインに施された細やかな細工のひとつひとつが、鮮やかに浮かび上がります。
そこから得る印象は、まだ小さな娘さんを育てながら、ご新居で新生活をスタートされるお施主様ご夫妻にふさわしく、フレッシュで愛らしいイメージ。
叔父様が込められた思いが見事に表現され、伝わるようでした。

DSC_0005_201606131847551db.jpg

しっくい手形のレポートの際に、養生が取れて露わになるのが楽しみだった、壁のコーラルストーンの部分貼りは、ガラスブロックが醸し出す透明感と相まって、爽やかにまとまっていました。

DSCN7531.jpg

Y様にも気に入って頂けたようです。

DSC_0020.jpg

階段の傾斜にあわせてバランスよくはめ込んだステンドグラスも、照明器具同様、大切な贈り物。
しっかりと納まっていて良かったです。

DSC_0019.jpg

こちらの手洗いコーナーのタイルはガラスモザイクで、ピンクから淡いパープルの色目のモザイクタイルがランダムに配されています。ご主人様が選ばれた手吹きガラスのボウルととても合っていて、社内でも好評でした。

DSC_0025.jpg

解体前の建物に使われていた床柱が据えられている書斎コーナー。
新しい家に受け継がれた床柱は、どっしりと構えてまるで見守っているかのような存在感でした。
結婚式の時に花嫁が身につけると幸せになれると言う、サムシング・フォーの風習の中に、なにかひとつ古いもの…サムシング・オールドと言うものがありますが、この床柱はY様ご家族に幸せを運ぶラッキーアイテムかも知れませんね。

お引渡しまで、あと少しです。
スポンサーサイト
[ 2016/06/13 ] 現場レポート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mutenkahokohoko.blog.fc2.com/tb.php/299-50726be8