2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

ほんまでっか

先日、某テレビ番組で建築社会学評論家の方が、
人工的な材料の多い家で育つと犯罪を起こしやすい」
という見解を述べていました。

人間は昔から木や石など身近な自然のものに囲まれて暮らしてきたけど、
ビニールクロスや合板、サイディングなどの人工的な材料に囲まれて暮らすことで、
何かしら悪影響がある、というものです。

自然素材でできた家は、昭和30年頃は全体の60%あったものの、
高度経済成長を経てどんどん減り、現在は10%と激減しています。
それに反比例するように、犯罪数が増加しているとのこと。

この番組自体は、見解の裏付けを取るわけではなく、あくまで一説に過ぎないのですが、
(テレビで得た情報を鵜呑みにしてしまうのはとても危険ですね
このような仕事をしているため、ついつい興味深く聞いてしまいました笑

いずれにせよ、人工的なものばかりだと心にも体にも良くないんでしょう
季節の食材を食べたりおいしい空気を吸ったりする普通のことが大切です。

オカガケパンダ

何もかも昔に戻る必要はありませんが、
利便性やコストを求めるあまりに見失ってきたことを、
もう一度見直したいなと思いました

スポンサーサイト
[ 2013/05/16 ] スタッフ日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mutenkahokohoko.blog.fc2.com/tb.php/52-f6e620de